コーヒーはどこからやってくる?【コロンビア】

KUMAROMA

 

焙煎処 KUMAROMA 店長のみつおかです。

 

今日は前回のブラジルに続き、コロンビアをご紹介します!

 

 

【コロンビア】

 

コロンビアにとってコーヒーは総輸出額の約1割を占める重要な農産物です。

 

コーヒー栽培に携わる国民の割合が高く、国家経済において欠かせない産業です。

 

 

IMG_7304

 

 

場所によって亜熱帯や寒帯など気候が異なるため、地区別に個性あふれるコーヒーが生産されるのもコロンビアらしい特徴です。

 

今回はその中でも代表的な「ウィラ」と「ナリーニョ」という2つの生産地をご紹介致します。

 

【ウィラ】…コロンビア南東部にあるウィラは、アンデス山脈に囲まれた険しい山岳地帯の傾斜面を利用し、非常に標高の高い場所(標高1500〜2000m)で栽培を行なっています。

 

気温の寒暖差が激しく、長い時間をかけて熟す実は一粒一粒に旨味が凝縮しています。

 

生産処理はウォッシュト(果肉除去→水洗→乾燥)が中心で、水洗処理には天然の湧き水を使用する徹底ぶりです。

 

コロンビアの等級づけはスクリーンサイズのみで、スクリーンサイズ17が80%以上でスプレモ、14〜16はエキソルソと格付けされます。ちなみに13以下は輸出されません。

 

完熟した果実のみを摘み取ったコーヒーは甘みが芳醇で、豊かな香りとトロピカルフルーツのような酸、バランスの整った高品質なコーヒーです。

 

 

【ナリーニョ】…コロンビア南西部のナリーニョはガレラス火山の麓にある自然に囲まれた地域で、火山灰質のミネラルを含んだ粘土質の土地で栽培されています。

 

高いレベルの知識・技術を持つ小規模な農園が多く作業も丁寧です。

 

 

生産処理は水洗式で、ウィラ同様天然水を使用しています。

 

鮮烈で華やかな酸味を持つ一級品のコーヒーとして高い評価を集めています。

 

 

品種や農園によって花の香りやフルーティなど様々ですが、全体的にクリアな飲み口のものが多いのがナリーニョの特徴といえます。

 

 

 

今回は簡単にコロンビアのご紹介をさせて頂きました!

 

コーヒー栽培としてこれ以上ない環境と、農作物に対するリスペクトがコロンビアのカップクオリティをつくりあげているんですね!

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

涼しい日には甘さ控えめあんこ&じゅわっと溢れるバターのあんバタートーストを、温かい珈琲で流し込むっ😋
明日のご予定はお決まりですか!?新坂戸名物クマロマは明日もわいわいしてます!!
土日はクマロマ試飲やってます🐻💕ついでに二階のヒヨコでヨガを体験してみませんか?🐤✨MORIKO「お・も・て・な・し」の志でティンシャを鳴らす。
春味 レモンコーヒー
!明日は15%OFF ラストデイ♪ 全品割引、お買い逃しはございませんか❓❓😉
コーヒーはどこからやってくる?【エルサルバドル】
【リクエストにお応え😉】 お店のアイスコーヒーを淹れている様子を載せました延々と…😂
🎞「ペイ・フォワード」という映画、ご覧になったことはありますか?☺️  KUMAROMAのペイ・フォワードは…
【少数限定】アイスコーヒー回数券が今日から販売開始!暑〜いこの夏はクマロマの「えらべるアイスコーヒー」が人気沸騰中!一番人気【マリン・スノー】は完売御礼!!
ドリッパー さまざまな形状
呼吸で広げる自分の器。 睡眠に効くコーヒーの香りはグアテマラ☕(´ω` )zzZ
坂戸にキッズカフェがある⁈その名は『隠れ家カフェ・クマロマ』。絶賛ご予約受付中です。
【味の決め手は温度にあった!?】ハンドドリップによる味づくり
国境なきコーヒーの輪をクマロマから☕🐻『抹茶のモンブラン』老若男女、国境を越えて愛される❤秘密は後味❤
今日はせっせとお店の準備&コーヒー豆のピッキング・テストローストです!

HOME

 TOP