【前編】コーヒーの精製 ナチュラル/ウォッシュトって?

KUMAROMA

 

こんばんは。

焙煎処 KUMAROMA 店長のみつおかです。

 

今日はコーヒー豆の精製法についてご紹介します!

 

要はコーヒーの生豆を取り出すまでの工程なのですが、そのプロセス次第でコーヒーは面白いほど個性を変化させ新たな魅力を放ち出します。

 

2D1587C7-1FD6-4DC6-91A5-6885D3DB6D2B

 

ちょっとだけマニアックですが、これを知るだけでコーヒーが何倍も面白くなりますよ!

今日からマニアックになりましょう。

 

 

 

コーヒーの種子、つまりコーヒー豆は幾重もの層に覆われたかたちで果実の中心に収まっています。

 

いちばん外側をつやつやした果皮(外果皮)が覆い、その下に半透明の果肉(中果皮)の薄い層があります。

一般にこれらふたつをあわせた部分をパルプ(果肉)またはコーヒーパルプといいます。

 

B94B8329-A7B7-47EC-8DCD-CECC7B05B69E

 

その更に下にはミュシレージ(または粘着質)と呼ばれるヌルヌルした果肉層があり、

このミュシレージはその下の層であるパーチメントという薄い殻ににこびりついているいます。もし手でパルプをむしったとしても、パーチメントについたミュシレージを綺麗に除去することは困難です。

 

44EC4B96-C5AB-4D68-BAF2-DAD6146944BD

 

パーチメントの中は、内部をほとんど埋め尽くす大きさまで生豆が生長しており、摘みたてのころは周乳と呼ばれる液状の柔らかい組織がわずかな隙間を満たしています。

 

 

精製後のコーヒー豆では、乾ききった周乳が薄い皮膜になって生豆の表面を覆うとともに、生豆中央の溝(センターカット)の内部を埋めています。この皮膜をシルバースキンといい、焙煎後にはチャフと呼ばれます。

 

92971071-8B26-4C39-9003-A5AFE1A9DF72

 

チャフがたくさん集まるとふわふわでダイブしたくなりますが、軽く息を吹きかけただけでも大散乱するため毎日の掃除には高い集中力が求められます。。

 

DA7EF29A-59A3-4D30-9AA0-88C2923BDE87

 

 

収穫後間もないコーヒー豆は水分量が多いため生豆やパーチメントも柔らかくてなかなかうまく外れてくれませんが、ある程度乾かしてから機械的に力をかければパーチメントがぱちん!と割れて生豆が飛び出してきます。

 

 

この「ある程度乾かした状態」までどのように持っていくがが〝精製〟というわけです。

 

 

今回はすこし長くなりそうなのでここまでです!

 

次回は具体的な精製法をそれぞれご紹介致します!

 

お楽しみに!!

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

自分の老後をイメージしてみた。老後なかなか外出もままならなかったとして、そんなとき 珈琲を届けてもらえるサービスがあったらどんなに心温まるだろうとなんだか泣けてきました。
【どんな珈琲が好きですか?】ハンドドリップにおける味づくり!
コーヒーで始まる、幸せな約束🍀✨コーヒー一杯で得られるもの…プライスレス。
ドリップのためのフィルターのおはなし 【ペーパーフィルター】
カフェウノとペーパーフィルターをプレゼント✨🎁✨ コーヒー生活デビューしたから明らかに透明感が増した💆
コツのいらない専門店のドリップバッグ10♪税込¥1,500なので職場用やプレゼントにも🎁
これからの季節は「ハンドドリップコーヒー」メニューから「アイス」を選択→飲み比べがオススメ!!
【再販決定!】「ゲイシャ」×「イルガチェフェ」のアイスコーヒーボトルmarine snow(マリン・スノー)。今回も在庫なくなり次第終了の限定売り切り品です!!
【最新まとめ】キッズルームご利用のご案内💡Q&A式🥳
noimage
【初心者から愛好家まで♪】カリタ ウェーブドリッパー はなぜそこまで人気なのか😍
【後編】コーヒーの精製 ナチュラル/ウォッシュトって?
隠れ家カフェ・クマロマ発信!大還元祭を開催中です!!
実は💡【高級銘柄が今だけほぼ半額中😎】ギフト用でもご自宅用でも、これ一択では⁉️
忙しくても忙しくなくても❤クマロマでホッと一息😊☕

HOME

 TOP