珈琲 香り編 2

KUMAROMA

 

焙煎処 KUMAROMA 店長のみつおかです。

 

前回、珈琲の香りについて触れましたので、今回はもう少し掘り下げてご紹介させて頂きます。

 

 

珈琲の香りとは、いったい何種類あるのでしょうか。

 

 

香りを楽しむ嗜好品としてパッと思い浮かぶものにワインがありますが、こちらの揮発性成分は300種程といわれています。

 

識別できるのかと疑うくらい膨大な香り成分ですが、実は珈琲はそれを遥かに上回る1000種類の揮発性成分を持っているそうです。

 

IMG_7497

 

ただしこれには内訳があって、生豆のときのみ有する成分が100種、これは焙煎によって飛んでしまいます。

 

また残りの900種も浅煎りから深煎りまでで移ろいでしまうのもなので、実際に1つのカップで味わえる香り成分は300種ほどだそうです。

ですが、それこそが珈琲の楽しみ方の振り幅であり、多くの方に愛されている理由と言えるかもしれません。

 

 

スモーキーな深煎りの香りは、ウイスキーのアイラモルトのピート香と同じフェノール類を有し、独特の魅力を持っています。

 

上質な珈琲豆の中には、時折いちごやパイナップル、こがし砂糖のような甘みを持つものもあります。

これはフラノン類によるもので、実際は甘み成分はないのですが、フレーバーとしての甘みであり人間がつくりだしているものとも言えます。

 

最近人気を博しているゲイシャの香りはいわゆる「ゲイシャ・フレーバー」といわれる上質なレモンのお出汁のような味わいです。中にはトマトジュースのような風味のものもあります。

 

ケニアはトロピカル、またはスパイシーなカシスの甘み、人気の高いモカの「モカ香」の正体は生産国の事情で発生した一定数の発酵豆(管理が行き届いていなかった為に結果的に発酵してしまった豆)ともいわれているそうです。

※発酵豆の中にはいくつか種類があり、必ず取り除いたほうが良いものもあります

 

IMG_7359

 

 

KUMAROMAでは、現在20種ほどの生豆のご用意を検討しております。

 

これらの中から、お客様の好みに合わせた焼き加減でお渡しできるので、今回ご紹介した香りをお楽しみ頂ければ幸いです。

 

KUMAROMAは3月10日オープンです。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

一人立つ精神‼︎朝7時から夜7時までの営業開始です‼︎これで最後!クランベリーチョコ3つプレゼント!
今日はせっせとお店の準備&コーヒー豆のピッキング・テストローストです!
コーヒー好きの方の輪がどんどん広がっています!!
お得なランチメニューでもご注文いただける珈琲の「フレンチプレス」新鮮なコーヒーオイルがたっぷりとれちゃいます!!
【最高級コロンビアスプレモ(100g) が、190円】 一杯あたり約19円!!!LINE友達追加で❤
【元カフェオーナーの姉】が書いた記事が掲載されました❤
2週間で透明感とツヤと女性らしいボディー✨✨今日からスタート【アボカドコーヒー】
実感『高額エステより効果あった!!!』元巨漢のなごりに、すぐ効果を感じられる❤クマにも効果!!!🐻じゃないよ。
ドリップのためのフィルターのおはなし【ネルフィルター】
ライ麦クレープ生地で巻いたバナナのスイーツ🍨✨ ホイップクリーム&グラノーラを添えて💯
この方、何歳に見えますか? 大切なことは「“休息”を大切にすること」☕と、1日一個のアボカド!!! タイムリー❤
焙煎の見えるお店 KUMAROMAで美味しい珈琲を!
200gごとに【500円引き】☕200g二種類なら【1000円引き】✨✨ コーヒーに合う❤『保存版フワフワしっとりパンのレシピ』
喫茶も🎵お豆購入も🎵週明けから朝もやります😆
『アイスカフェラテ』用のプラスチックカップに注がれていたのが、実は『熱々のカフェラテ』であることが発覚してしまった件。

HOME

 TOP