大好評のKUMAROMAの珈琲豆を取り扱ってみませんか?オリジナルブランドにも対応します。

2018年3月に埼玉県坂戸市にオープンして以来、大好評のクマロマ。

ネット通販も開始して全国に自家焙煎した豆を届けることができるようになりました!

しかし、まだまだ美味しいコーヒーを日本中の方に知ってもらいたく、KUMAROMAのコーヒー豆の取扱店を募集させてください!

KUMAROMAのコーヒーとして売って頂いても構いませんし、取扱店でオリジナルブランド名をつけて売って頂いても構いません。

美味しいコーヒーを日本中に広めたい!

KUMAROMAは日本一を目指しています。

なぜ、KUMAROMAのコーヒーが美味しいのか?

それは仕入をしている豆にこだわりがあるというのはもちろんですが、
店舗に『NOVO MARK Ⅱ』という熱風焙煎機があり、コンピューターでプログラムされた焙煎により、いつでも同じ焙煎が出来るということが強みです。
IMG_4463

スーパーや大手コーヒーチェーン店で売っているコーヒー、は焙煎してから数ヶ月経っていると言われています。

その証拠にお湯を注いでも、粉がモコモコと膨らみません。

新鮮な珈琲豆は、コーヒーをミルで粉に挽いた後、お湯を入れると粉がモコモコと膨らみます。

新鮮な珈琲豆を使えば誰でもモコモコとプロのバリスタのようにモコモコのドリップが出来ます。

この感動を是非多くの方に味わって頂きたいと思っています。

しかし、まだ店を立ち上げたばかりの私どもには、全国へアピールするブランド力も宣伝費用もありませんので、自力にこだわるのではなく、多くの人のご協力を得ながら、多くの方に提供することが良いのではないかという結論に至りました。

ネットショップでの販売、お店の景品やプレゼントなどに活用して頂けたら幸いです。

取引店募集要項

①初回取引3万円以上の購入
②2回目以降は卸売専用価格でのご購入となり、専用ネットショップへご案内させていただきます。
③2回目以降は1kg以上の必要量で購入可能(送料は代理店負担)
④店舗販売金額は各自設定可能です。
⑤販売店の証拠となる写真、またはURLの報告が必要となります。

取扱い可能な豆は仕入状況によって変わりますが、
クマロマのネットショップで取り扱っているものは基本取扱可能です。
時期によって変わることがあるので、ご注意ください。

オリジナルブランドを作りたい方へ

パッケージ作成やロゴ作成などお手伝いすることが可能です。
別途ご料金いただく形にはなりますが、お気軽にご相談ください。

クマロマのネットショップ
例えばクマロマでは
cropped-rogo_w280.png

cropped-クマだけ-2.png

といったロゴを使ってます。

また、
DBB03A9F-07BC-4B46-8D5E-5CDE3BAEABFC

こんなロゴ入りの袋も作っています。

オリジナルのものを作りたいという方はぜひご相談ください。

お申込方法

問い合わせフォーム又は、下記アドレスへ必要事項を記載の上お問い合わせください。
ご質問も大歓迎です。

contact@excel-ism.com


【必要事項】
会社名(又は事業者名):
住所:
電話番号:
E-mail:

送り先住所:
販売先住所又はURL:

その他質問事項など:

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

タンザニアコーヒーの最高品質に与えられるブランド「スノートップ」入荷しました!
珈琲豆紹介【ニカラグア スウィート・ベリー】日本由来のコーヒー豆って!?「モンテクリスト農園」より
GWは坂戸が熱い⁉️4月30日(火)は定休日ですが、あさ10時からシークレットセール開催いたします!!
珈琲豆紹介【ブラジル フルッタ・メルカドンNT】めくるめく香りの物語とは…!?
珈琲豆紹介【グァテマラSHB カフェインレス】最高等級のコーヒー豆を、ケミカルフリーのウォータープロセスで仕上げます♪
珈琲豆紹介【東ティモール オーガニック ・コカマウ】 太陽の昇るところ、ロロサエより愛を込めて。
~土壌作りから精製工程まで~「コスタリカ エル・ポトレロ農園」がつくりあげる至福の口あたり。
ワインの味がする珈琲。ただのコーヒー豆から、なぜかワインの香りがする不思議を解説してご紹介します♪
KUMAROMA×YOGAsalonひよこ 初コラボ企画【始動】
これまでにご紹介した、新入荷のコーヒー豆たちを一挙公開!!お客様のコメントを交えて♪
「酸味控えめでジューシー!」なんて珈琲はある…?←入荷いたしました♪
本日21日土曜日より、喫茶珈琲のメニュー数が大幅アップ!!コーヒー豆ご購入者には嬉しいプレゼントも♪
noimage
珈琲豆紹介【ウガンダ Red Zone】数多の珈琲通の視線を釘付けにする、魅惑のアフリカン・コーヒーとは。
珈琲豆紹介【グァテマラ・レタナ農園】古都アンティグアの名門

HOME

 TOP